綿棒を使って丁寧に

お化粧をしているときにマスカラが誤ってまぶたについてしまったことは女性なら一度はあるはずです。

 

その時に焦って指でこすることは絶対にいけません。

それまでにしていた綺麗にグラデーションができたアイシャドーや綺麗にひけたアイラインが台無しになってしまいます。

マスカラは睫毛に塗って一日中睫毛についている優れものです。

なのでむやみやたらにこすって落ちるはずがないのです。

無理にこするとまぶたのたるみの原因になります。

 

ではどうすれば良いのでしょうか。

マスカラを落とす時はクレンジングを使いますよね。

そのクレンジングを綿棒の先に少量つけて、まぶたについてしまったところを数回なでるようにとると良いです。

そして反対側がある綿棒ならそちら側を、ない綿棒なら二本目でクレンジングがついたところを拭き取ります。

そしてアイシャドーやアイラインがとれてしまった場合にはその部分を少しだけ直してあげたら良いのです。

 
急いでいるときにまぶたにマスカラがついてしまうと焦ってこすってしまいがちですが、アイシャドーやアイラインを一からやり直す時間を考えると綿棒を使って丁寧に落としたほうが良いです。

ミスをしても焦らずにお化粧をしましょう。

a0001_000062

Comments are closed.